お知らせ

トップページ お知らせ カタフラクトを一挙公開!

カタフラクトを一挙公開!

2015年2月16日(月)
「アルドノア・ゼロTCG」の拡張パックに封入されるカードは大半がキャラのカードで、
中でも伊奈帆、スレイン、アセイラム(セラム)が半数近くの割合を占めており、
第1クールの様々な「あのシーン」がカードになっています。

一方で、他のキャラ達やカタフラクトといった、魅力的なカードも多数存在します。
本日は拡張パックに収録されているカタフラクトと、火星騎士のカードを紹介します。

150216_news_card_01_019n 150216_news_card_01_022n

「トリルラン」と「ニロケラス」です。
「トリルラン」は自分の場に「ニロケラス」がいる場合に効果が、「ニロケラス」は
自分の戦闘エリアに「トリルラン」がいる場合に効果があります。

ここで「ニロケラス」のカード名の下に注目。
名前の下に、「アルドノア」「ニロケラス」「トリルラン」と、3つのマークがあります。
これは「タグ」と言って、ゲーム中にカードの効果で特定名を指定する場合、全てこの
タグを参照します。

例として上の「ニロケラス」では、3つのタグを持っているので、このカードは
「アルドノア」としても「ニロケラス」としても「トリルラン」としても扱います。

150216_news_card_01_020n 150216_news_card_01_023n

「ブラド」と「アルギュレ」です。
「ブラド」は自分の場の「アルギュレ」の枚数分だけ効果が強くなり、
「アルギュレ」は自分の場の「ブラド」に影響を与える効果となっています。

150216_news_card_01_021n 150216_news_card_01_024n

「フェミーアン」と「ヘラス」です。
「ヘラス」は自分の場に「ヘラス」自身を増やすような効果を持ち、
「フェミーアン」は場に置かれている「ヘラス」を飛ばしてきます。

また、通常のルールでは、同じカードはデッキに4枚までしか入れてはいけませんが、
6本の腕を持つ「ヘラス」は、あなたのデッキに6枚まで入れることができます。

150216_news_card_01_017n 150216_news_card_01_085n

「ザーツバルム」と「ディオスクリア」です。
「ディオスクリア」は場のカードを消費して、「ザーツバルム」を退場エリアから
あなたの場に持ってこれる効果があります。
また、通常のルールでは、同じカードはデッキに4枚までしか入れてはいけませんが、
6機で変形合体する「ディオスクリア」は、あなたのデッキに6枚まで入れることができます。

そして、上の「ザーツバルム」は普段は運命力3のカードですが、あなたの場に
「ディオスクリア」が6枚揃っている場合、とても強力な効果を発揮します。
なお、「ザーツバルム」は上記カード以外にも別番号のカードが存在します。

150216_news_card_01_045n 150216_news_card_01_066n

最後に、「スレイプニール」と「タルシス」です。
「スレイプニール」は「伊奈帆」タグがついていますので、伊奈帆デッキと調和しやすいです。

「タルシス」は自分の戦闘エリアに「スレイン」が置かれている場合、デッキを少し先まで
見通し、順番を変えることができます。

 
アルドノア・ゼロTCG公式twitterでは、その他カードも、続々と公開していきますので、
気になる方は公式twitterをチェック!
 
アルドノア・ゼロTCG公式twitterはこちら»@az_tcg«